Boncourage教育学

ぞぽぞぽ学習研究所

社会福祉士、TOEIC900over、書・音楽評、ギター・バイク関係

至高の1本~Taylor 812ce~

 f:id:stratocaster55:20170414035010j:plain

 

さて、長年色々なアコギを弾いて選びぬいた至高の1本

Taylor812CEでございますYo!

 

 

GCは音が綺麗

まず、このMartinでいう00サイズのGCの魅力として、音の綺麗さがあります。

GAと弾き比べてみれば一目瞭然です。ストロークした時に音のまとまりの良さ

に気付きませんか?細かいメカニズムは分かりませんが、以前Martinの代理店のリペアの方に説明されて納得しました。より小さいサイズの方が綺麗な音というかまとまった音が出ます。小さいサイズがフィンガー向きと言われる所以はここにあると思います。

後、TaylorのGCはMartinの00と違って中域が出過ぎません。バランスが良いです。

Martinの00は、個体差も若干ありますが一般的に中域のモコモコ感

出てしまいます。

それがTaylorには無いので、最初にGCを弾いた時に

「どうやってこのバランスのいい音を出しているのだろう?」と感動しました。

世間ではGAがベストバランスという事になっている様ですが

私はGCがベストバランスであると存じます。

ちなみにTaylor社も認めていますが、音量的にはGCもGAも変わりません。

GAの方が若干低音に迫力がある事は、弾き比べるとわかると思います。

また、00サイズでローズを横裏にしたGibsonやMartinのモデルでは

マホのそれと比べてモコモコ感が出てしましますが

Taylorの812はそれが全くありません。

 

 

 

②小さいギターは弾き易い

私はドレッドが駄目です。理由は座って長時間弾いていると肩が痛くなります。

000サイズでも大きく感じます(身長は180ありますがw)。

その店GCは丁度体に収まり弾き易いです。

MartinでいうOサイズでも大丈夫なくらいです。

もちろんスケ-ルもショートなので弾き易いですが、Martin程スケールの違い

に由来するテンション感や弾き易さは変わりません。この辺りはTaylorの凄い所

であると思います。Martinのショートスケールである000である程度の力でストロークするとレギュラースケールのDに比べて音が暴れる傾向がありますが、Taylorの場合はハードなストロークをしても音が潰れません。gibsonもショートですが音は潰れませんね。

 

 

 

800と900の違い

これは疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

弾き比べて分かる事はまず音量が違います。812と912を店員さんの前で

弾き比べてインプレを頂きました。

近くで聞いていると、ストロークをすると明らかに812の方が音は大きいです。

が、音の明瞭さや綺麗さは912の方がしっかりしているようです。

それは奏者にもわかりました。

812の方が野生的というか荒々しさというか音は大きいです。

そういう意味でカッティングである程度主張したいなら812だなと思いました。

912は812程の荒々しさやパワーはない代わりに、繊細で一音一音がクリアーな音がします。演奏する音楽を選ぶという表現がピッタリだと思いました。

対して812はどんなジャンルの音楽でもドンと来い! 

という懐の深さが感じられました。一応Taylorのフラッグシップは

800なんですよね。迷ったら812を選んでおいて間違いはないです。

 

 

 

番外編:委託販売

Guitarは、高額になるほど、委託販売時に損が大きい

 という事を考慮して選んだ方が懸命かと存じます。

30万は20万で手数料2割で出したとして戻りは16万、対して70万円のguitarは48万の手数料2割で出したとして戻りは38.4万。この様に高いguitar程慎重に買う必要があるわけです。

 

 

↓クリック宜しくお願いします★

blogramによるブログ分析

ぞぽぞぽぞっぽんへのメールはここをクリック