Boncourage教育学

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぞぽぞぽ学習研究所

社会福祉士、TOEIC900over、書・音楽評、ギター・バイク関係

ぞぽぞぽTOEIC900over斬り

TOEIC

f:id:stratocaster55:20170226034016j:plain

とりあえず、最初のブログで書いた自分のスコアを貼りました。

 

 

TOEIC900を超えた頃、よく"英語ぺらぺらなんですか?"と聞かれました。

考えて短文が出るだけなので「ぺらぺらの”ぺ”ぐらいです」と言っていました。

TOEICで900を超えると凄いというイメージがありますが

全然凄くないと思います。

 

 

単に900点を超えたからと言って、英語が話せたり書けたりする事はありません。

それらは別の勉強が必要です。例えばSpeakingは、日頃から中学レベルの単語や構文を

駆使して瞬間的に文章を作る練習をしていなと喋れる様になりません。また語彙の増強も必要です。また、英会話というのは

”相手の話す英語が理解出来て聞き取れる事”が前提であるため

Listeningが相当なレベルでないと、会話が成立しません。毎回毎回、ゆっくり

聞き取れるスピードで、簡単な単語に置き換えて喋ってもらうわけには

いかないでしょう。洋画の聞き取りはほぼ不可能です。

Writingにしても、実際に英語を書く場面というのは

ビジネスが殆どだと思うので、ビジネス文書の書き方について知らなければ

単なる英作文になってしまいます。また、Readingに関しても、TOEICで出てくる

単語は簡単なものが多いので、英字新聞や雑誌等を読んでも半分くらいしか

理解できないと思います。

 

 

じゃあTOEICで900以上とる必要はないのか?

いえ、英語が得意になりた人にとっては

900以上とって当たり前だと思います。

TOEIC900超えというのは

基本的な英語の能力がありますよという事であり

英語マスターに向けてのスタートであると思います。

TOEIC900レベルなんて、全然珍しくないですから。

国連A検 の特A級は珍しいですね。

 

 

 ですので次の、TOEIC公式サイトの表は嘘ばっかり!

 

f:id:stratocaster55:20170226023147j:plain

900点を超えても、幾ら専門分野とはいえ、専門書を読んで理解は出来ません。

せいぜい理解できるのは半分くらいでしょう。また、議論を聞いて内容を理解する

とか同僚の話を理解できるとありますが、まず無理です。

さっきも書きましたが、Listeningでつまずくと思うので、相手の言っている事を

理解できないません。考えてみて下さい。日本語で会話して

相手の言っている事が聞き取れなくて、会話が成立するでしょうか?

この表は、

”900を超えて初めて出来るかもしれない事”

とタイトルを変えた方がいいのではないでしょうか。

 

 

ですので、どんな状況で英語を使う必要が出てくるのか?

を念頭において勉強した方が効率的であると思います。

例えば、単に生活出来るために使うだけならTOEICのスコアは必要ないでしょう。

文法的に正しくなくても、片言の英語でも、欧米人に思いを伝える事は

十分に可能で、生活も問題はないでしょう。細かい表現をしたければ

その時に辞書で調べればいいと思います。身振りや手振りも交えれば

効果倍増です。

 

 

というわけで、TOEICでハイスコアを目指す上で大切なのは、ありきたりですが

”何の為に勉強するのか?”

が一番大事だと思います。

「単に高いスコアが欲しいだけ」というのも全然アリだと思います。

それも一つの目的です。

ただ、英語が喋れる様になりたい  とか ”英語が書ける様になりたい”*1のであれば、TOEICのハイスコアはなくても、簡単な単語で英文を瞬間的に作る練習をすれば出来るようになります。

もっというと余程シビアに英語を使うというわけでもないなら

TOEICのハイスコアは必要ないのでは?と思っちゃったりもします。

その分の時間と労力を他の事に費やした方が生産的ですし。

 

※ちなみにTOEIC900超えても、Listeningでは余裕ありません。

 他のパートは、見直しできる余裕があります。

 

 

ぞぽぞぽぞっぽん はいはいはい!

ご一緒に!

 

        ↓クリックお願い致します★

blogramによるブログ分析

*1:文章のレベルにもよります

ぞぽぞぽぞっぽんへのメールはここをクリック